性病問題は…

この記事をシェアする

風俗の性病予防

風俗に勤務する人は性病チェックを定期的に行う他にも、お客様の性器チェックする事で、性病予防を行っています。
具体的には、ペニス先から周辺にイボやできもの、腫れやただれが無いか、消毒液配合のボディーソープで体を洗った際に痛がらないか、下着に膿が付いていないか、尿道から膿が出ていないかをチェックします。
基本的にはコンドームを付ける事が絶対ですが、該当するお客様には場合によってはサービスを中止する事もあります。
他にもうがい手洗いはもちろん、殺菌効果のあるトローチなどを使用する人もいます。
少しでも体調不良だった場合は、休む人もいます。
性病になり1~2週間休むよりは、その1日を休んだ方が、経済的にも良いからです。
風俗の子は徹底したリスクマネジメントでお仕事に取り組んでいるのです。

性病になりやすいケース、性病のリスク

性病になりやすいケース/不特定多数のパートナーとの性行為があった場合、さらにコンドームを付けないセックス(アナル、オーラルセックスも含む)は性病になりやすいケースです。
不潔な状態のセックス、生理中のセックスも性病の危険性と伴います。
必ずコンドームの着用をしましょう。
意外に多いのが、性病で病院を受診しても、痛みなどの症状が無くなると病院に行かなくなるケースです。
痛みが無くなっても性病は関知しなければ、またパートナーにうつします。
他にも性病を放置し続けると、不妊症や子宮頸がんにも繋がります。
現在日本は唯一、先進国で梅毒が増えている国です。
風俗勤務・利用だけでなく、パートナーとのセックスについても考える必要があります。
彼氏の元カノの元カレの元カノの…元カノを知っていますか?最近忘れられたCMですが、もう少し真剣に考えてみる必要があるかもしれません。